スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山女魚カラー!!
- 2011/04/11(Mon) -
山女魚カラー!!

二回目のルアー釣行へ。
今回は完全にルアー釣行、エサ釣りの道具は持ってきていない。
ベストもルアー用に新調。
ルアーマンやフライマン用の道具はなんかかっこいい。
若い人がエサ釣りから乗り換えるのが良く分かる。
エサ釣りは何か親父くさいからね。
どちらも釣り方に違いがあり、それぞれ楽しさがあると思う。
とにかく釣りがすきな私はどちらも楽しい。

朝一、いつもエサ釣りでレインボーの40overを釣っているポイントへ。
ルアーでもそんな良型をかけてみたいし、あわよくば60overのデカレインボーがかかるかも
なんて思っていたが、全く反応は無い。そして今朝も寒い。

エサ釣りとルアーでは魚のかかる流れが違うのは分かっているが、
このポイントに魚はいるはずなのに、なぜつれない。
ルアーカラーも赤金→ピンク金→ピンク銀、等いろいろ取換えてみても反応なし。

移動→反応無し、人多すぎ。

さらに移動→支流へ
川幅も数メートルで、水深もひざ位なのでエサ釣りではずいぶん来ていなかった。
本流と比べると川の迫力はないが、静かで、川の音しかしない。
透明度が高いから川底が見える、雰囲気はいい。
下流に向けて、ルアーをキャスト、一投目で小さい山女魚がヒット。
取り込む寸前でバレてしまう。
時はすでに11:30、朝から6時間やっていてようやくの生体反応に、気分は上がる。
ルアーカラーは、茶金の山女魚カラーだった。

夕方から用事があるため、仲間と相談して次のポイントを最後にすることに。
最後は本流の中流部、何度か良型の山女魚を上げたことがあるポイントへ。
釣り上がっていくと、護岸沿いの急流と、中心部の岩陰の緩流が混ざりあい、いかにも
魚がいそうな流れを発見。
流れに負けないように、大きめのミノーを選ぶ。カラーは金色の山女魚カラー。
上流から下流へキャスト、緩流部分へちょうどよくルアーが通るように加減して巻く。
緩流部分ですかさずアクションを入れる。

喰ってきたのは緑色に光る良型山女魚。
1104102

後ろのフックが、下唇へガッチリかかっていた。
1104103

幅広の山女魚。
1104104

ひざ下の水深、川幅も一メートル無いようなちょろちょろの流れ。
エサ釣りではこういうポイントはやり辛い。
ルアーならではのポイントと思う。
最近行っていなかったそういう河川へ久しぶりに行く気になってきた。
山深く、とても雰囲気が良いところだ。
本流でのべ竿を使い、大物を掛けたときの楽しさとは違った楽しみだ。
ルアー釣りを始めて、自然を、山を、川を楽しむ楽しみ方が一つ増えた気がする。
1104101
スポンサーサイト
この記事のURL | 2011 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
初ルアーで尺岩魚!!
- 2011/03/27(Sun) -
尺岩魚!! 

三月なのに物凄く寒い中、遂に念願のルアー釣行に出発。
ルアーはほとんど投げたことがないので、まずは感覚をつかまないと。
本や、釣ビジョンで予習はしたけど言っていることがいまいちわからない。
とにかく一匹釣ってみない事には。

あたりはどんな感じなのか?
掛かってからのアクションは?
どこに入るか?
車中でこんなこと話ながら、どんどんテンションがあがる。
釣に行く時はいつもこんな感じになる。

とにかく魚影が濃いポイント、感覚つかむために
何でもいいから一匹が釣れるポイントに入ることに。

初キャストはとんでもない方向にルアーが飛んでいく。
上から投げるのが良いのか、ちょっと横から投げるのが良いのか
狙った所へは全く飛んでいかない。
指を放すタイミングと竿を振る勢いが合わないと、目の前1mくらい
のところへ勢いよくルアーがたたきつけられる。

まっすぐ飛んだと思えば対岸のボサに引っ掛かり、ルアーを没収される。
1500円也!!

ルアーを2つほど失くして、ようやく感覚がつかめてきた。
リズムよくキャストしていると、巻き感もつかめてくる。
ちょうど良い速度でリールを巻くと、ルアーが水中を泳いでいる。
調子に乗って、トゥィッチを入れて誘う。
脈釣りと同じく、流れのラインを読んで巻く。
岩後ろの緩流部分で、ルアーをピッ、ピッと動かす。

ビビっとなんか新しい感触。
これがあたりかな?
もう一度、同じところを狙い、巻いてくる途中で、ちょんちょんと誘う。
ビビビビー!!! 喰った!!

とにかくあせりながら巻いてくる。
なんかデカイ気がする、水面に出てきたのは30cm位の虹鱒。
気づいてみると網がない。
バックギアで浅瀬へ魚を上げてくる、一匹目だからバラしたくない。
物凄く興奮してきた。
上がってきた魚の色が、紫がかっている、、、、岩魚だ!!
デカイ。ヒレピン。綺麗な尺岩魚。34cm

20113261

20113262

20113263

20113264

20113265

20113266

しばらく反応がない。
先ほど釣れた感覚を思い出してみると、ルアーの泳ぎ方がなんか違う。
シンキングを使っていた。
先ほど釣れたルアーはフローティングの赤金。
同じ赤金でも、ルアーが違うと喰わないようだ。
ルアーを戻してみる。
2投目で喰ってきたのはまたしても尺岩魚。33cm
20113267

20113268

20113269

201132610

201132611

餌用のタモ網に針が掛かってしまい、網がボロボロに。
こりゃ大変だ。
次回までにはランディングネットを買わなくては。
釣れたルアーをもう一個買っておこう。
先週に続き大満足の初ルアー釣行だった。
こんなに釣果が出るとは、魅力的な釣りだ。
餌釣とのバランスを考えて今年は両方を楽しみたい。
この記事のURL | 2011 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新ジャンル ルアー釣り2!!
- 2011/03/25(Fri) -
リール購入!!

竿に続きリールを購入。
週末釣行の準備。
これで行ける。

リール
シマノ(SHIMANO) 11ツインパワーC2000HGS
●ギア比:6.0●実用ドラグ力(N)/(kg):19.6/2.0●最大ドラグ力(N)/(kg):29.4/3.0●自重(g):200●スプール寸法(径mm/ストロークmm):42/12●ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75●フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65●PE糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):79●ベアリング数SA-RB/ローラー:9/1

113253

113254

ラインは4lb(一号相当だそうだ)
この記事のURL | 2011 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新ジャンルにトライ!!
- 2011/03/23(Wed) -
新ジャンル ルアーでの山女魚・岩魚釣り!!

山女魚や源流岩魚をルアーで釣る。
昨年位から始めたくて仕方がなった。
仲間も巻き込んで、竿を購入。
やはり一人ではなかなか始めないからね。
いずれは仲間でキャンプ源流釣行。

レイクトラウト、然別湖なんかも行きたいなぁ。
これは餌釣りでは出来ないからね。
フライも始めたいけどまずはルアーから。

竿購入
SMITH - TROUTIN'SPIN interBORON X -
TRBX-52SD 5'2" 206mm 2~5lb 2~7g 85g 80cm

interboronx.jpg

メーカーのスペックコメント
TRBX-52SD アクション:モデレートスロー パワー:スーパーライト
渓流のヤマメ・アマゴ・イワナ等を主にスプーンで狙うのに最適。モデレートスローのアクションはスプーンをポイントに正確に運び、ルアーの特性を妨げません


なるほど。
いまいち何を言ってるのかわからん。

ルアー、フライ専門店に行くと、餌釣りでは見ないアイテムがたくさんある。
ベストや、ウェダー、ランディングネット、ハサミ等、今あるものでも使えるがほしくなってしまう。
次はリール探し。

この記事のURL | 2011 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2011解禁釣行!!
- 2011/03/21(Mon) -
2011年 解禁!!

今季の解禁釣行、三連休だしゆっくり行こうと計画していたが、
世の中こんな時期だからなんか落ち着かない。
ガソリン足らない人もいるのに遠出はなんか気まずい。
ガソリン消費を気にしながら運転、少し遅めの到着。
やはり県外ナンバーは釣に来ていない。

ターゲットはデカ虹鱒。
0.6号、0.8号の仕掛けからスタート。
まずは一尾釣らないと始らない。
すぐには当らない、しばらく振りこみ続ける。
流すラインを何度か変えていると、ビビッとアタリ。今季初アタリ!!
餌をくわえただけで針がかりしない。
合わせが遅かった、久しぶりの感覚だから相当鈍っている。

合わせる準備をして、再び流す。
アタリに合わせる。
グイッと竿が曲がる、魚が掛かった!!今季初釣果。
難なく上がると思ったら、以外に引く。
流れに乗って下流に走る、上竿に倒そうにも枝があり具合が悪い。
そのまま魚が走る、竿もグイグイ曲がる。
竿をためてやり取り、今季初でこんなに引くとはとても楽しい。
絶対とりこんでやる。

良型の虹鱒。
2011 解禁1

40超のヒレピン。このサイズは面白い。
2011 解禁2

多分こいつはピンク身で味は普通の個体、リリース。
狙うはトロサーモンなんて言われているデカ虹マス。
2011 解禁3


ポイントを変えて、川虫採取。
昨年60オーバーの出たポイントへ。
釣れてくるのは普通の虹鱒ばかり。
下流へ移動

このままでは面白くない。
特大の虹鱒を釣りたい。
竿を取り換えターゲットをデカ虹鱒に絞る。
仕掛けも1.5号へ変えてみる。
かかったら逃さない仕掛けにして、水量のある深みを狙う。
特大のおもりをつけて白泡の中に落とす、トーン、トーンと底を撃つように流すと餌がとられる。
もう一度。

ビビッと喰った、そして物凄い力で竿が曲がる。
デカイ!!
竿と仕掛けはパワー負けはしないはず。
ボサの下へ潜ろうとするので強引に引き出す。
出てきたのは、狙いどうりのデカ虹。
2011 解禁4

腹がパンパン。
2011 解禁5
デブ虹鱒、間違いなく旨いやつだ。

ヒレが丸い。


どこから来たのか?養マス場からの脱走個体?
ヒレが丸いのに、物凄く引いたのはこの重量だからかな?

狙いどうり、大満足の釣果を上げれた。

今年は、虹鱒狙いは少し減らして山女魚狙いを増やしたい。
出来るだけ初めての川へ遠征をして、ポイントを開拓したい。
ポイントを見極める目を訓練したい。
ルアー釣りも始めたい。⇒ この話は次に続く。
この記事のURL | 2011 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。