スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鮭釣行計画2
- 2010/11/29(Mon) -
鮭釣計画2

道具で釣れるわけではないけども、釣具が無ければ釣りは出来ない。
昨年の反省の一つに糸の太さがある。
押しの強い流れに勝てる糸の太さ、耐えれる竿がほしい。

POWERSPEC HH 
HH and salmonSP

昨年使用したが、もっとパワーがほしい。
60前後のトラウト、普通の流れの中にいる鮭なら十分だが、
荒川の2番ポイント等押しの強いポイントでは物足りない。

SHIMANO SALMONSPECIAL 83 2号~4号
salmonspecial.jpg

これで4号までいける。
実際にはワンランク上の4.5号、もしくは5号位まで行けそうだ。
印象としては、バットがパリパリな感じ。
2号くらいではこのバットは曲がらなそうだ。
395gというが、ぐにゃぐにゃしてないから変な重さは感じない。
こん棒みたいだ。

HHで2.5号まで、SALMONSPで4号まで二通りのパターンを試してみよう。

スポンサーサイト
この記事のURL | 鮭釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美味!! カワハギ釣り!!
- 2010/11/29(Mon) -
美味!!カワハギ釣り!!


いよいよ来週に迫った、荒川サケ釣り。
昨年のリベンジに燃えテンションあがる、あがる。
そして今週はカワハギ釣り!!

まずは釣道具。
初めての両軸リール購入。
やはりリールはシマノが信頼できる。
基本ハイギアが好きだ。
baygame for kawahagi

今回の釣り方はいわゆるボートフィッシング、自分含めて5人でレンタルボートを借りて出撃!!
1127 01
船長とっておきのポイントへ。

目標は、25cm以上を一人5匹。
夜はカワハギ料理を食べるためこれくらいは最低必要!!

まずは船長が一匹目をかける、あげてみるとこれはベラ。
外道ベラ
カワハギのあたりはもっと、モゾモゾだそうだ。

コツを教えてもらう。
①おもりを着底させたら、糸を張る。
 底は砂地だから根掛かりは気しなくてい良いとのこと。
②竿を小刻みに上下させて、餌をアピール、そして当りを待つ。
 これを繰り返す!!
③モゾ、ピクッ、これが当り、シャープに合わせる。
 糸を緩めず、ごりマキで上げる。

初カワハギ!!ワッペンサイズ!!
ワッペンサイズ

着底後すぐにモゾモゾ来る当りがカワハギの当りのようだ。
すごく、小さい当りだが、確かに他とは違う当り。
これにちょうど良く合わさないと、すぐに餌がなくなる。
このタイミングがまた難しい、から面白い。
簡単にいかないカワハギ釣りの楽しさが次第に分かってくる。
これは癖になる。

最終的には50匹くらいは釣れた。
カワハギづくし
ワッペンサイズはリリースして、食べる分だけ持って帰る。

この後はカワハギパーティ。
船長は和食屋さんのオーナー、手料理でもてなしてくれる。
メニューはカワハギづくし、カワハギ刺身肝醤油付、カワハギを出汁にチゲ鍋だそうだ。
宴じゃ宴じゃぁ~~~!!!!!


この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。