スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山女魚カラー!!
- 2011/04/11(Mon) -
山女魚カラー!!

二回目のルアー釣行へ。
今回は完全にルアー釣行、エサ釣りの道具は持ってきていない。
ベストもルアー用に新調。
ルアーマンやフライマン用の道具はなんかかっこいい。
若い人がエサ釣りから乗り換えるのが良く分かる。
エサ釣りは何か親父くさいからね。
どちらも釣り方に違いがあり、それぞれ楽しさがあると思う。
とにかく釣りがすきな私はどちらも楽しい。

朝一、いつもエサ釣りでレインボーの40overを釣っているポイントへ。
ルアーでもそんな良型をかけてみたいし、あわよくば60overのデカレインボーがかかるかも
なんて思っていたが、全く反応は無い。そして今朝も寒い。

エサ釣りとルアーでは魚のかかる流れが違うのは分かっているが、
このポイントに魚はいるはずなのに、なぜつれない。
ルアーカラーも赤金→ピンク金→ピンク銀、等いろいろ取換えてみても反応なし。

移動→反応無し、人多すぎ。

さらに移動→支流へ
川幅も数メートルで、水深もひざ位なのでエサ釣りではずいぶん来ていなかった。
本流と比べると川の迫力はないが、静かで、川の音しかしない。
透明度が高いから川底が見える、雰囲気はいい。
下流に向けて、ルアーをキャスト、一投目で小さい山女魚がヒット。
取り込む寸前でバレてしまう。
時はすでに11:30、朝から6時間やっていてようやくの生体反応に、気分は上がる。
ルアーカラーは、茶金の山女魚カラーだった。

夕方から用事があるため、仲間と相談して次のポイントを最後にすることに。
最後は本流の中流部、何度か良型の山女魚を上げたことがあるポイントへ。
釣り上がっていくと、護岸沿いの急流と、中心部の岩陰の緩流が混ざりあい、いかにも
魚がいそうな流れを発見。
流れに負けないように、大きめのミノーを選ぶ。カラーは金色の山女魚カラー。
上流から下流へキャスト、緩流部分へちょうどよくルアーが通るように加減して巻く。
緩流部分ですかさずアクションを入れる。

喰ってきたのは緑色に光る良型山女魚。
1104102

後ろのフックが、下唇へガッチリかかっていた。
1104103

幅広の山女魚。
1104104

ひざ下の水深、川幅も一メートル無いようなちょろちょろの流れ。
エサ釣りではこういうポイントはやり辛い。
ルアーならではのポイントと思う。
最近行っていなかったそういう河川へ久しぶりに行く気になってきた。
山深く、とても雰囲気が良いところだ。
本流でのべ竿を使い、大物を掛けたときの楽しさとは違った楽しみだ。
ルアー釣りを始めて、自然を、山を、川を楽しむ楽しみ方が一つ増えた気がする。
1104101
スポンサーサイト
この記事のURL | 2011 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 初ルアーで尺岩魚!!>>
コメント
-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/08 23:29  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://stepwater.blog107.fc2.com/tb.php/41-1d4f7afb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。